2018年6月22日金曜日

【隅田川花火大会】大横川親水公園 花火観覧・場所取りガイド【穴場】

 にほんブログ村 住まいブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
【Ctrl】を押しながらクリックしていただけると簡単です
隅田川花火大会は大横川親水公園からどうぞ♪

今年も隅田川花火大会が近づいてきました。

2018年7月28日(土)19:00~


公式HPもだいぶ前からオープンしています。
ご活用ください。

第41回隅田川花火大会【公式ホームページ】


実はわが家から徒歩や自転車で
花火を見ることができることもあり、
親しみある花火大会の一つです。

昨年は開催時間まで大雨。
場所取り会場には
本日中止
のデマ情報も流れ大混乱。

結果的にはギリギリで雨もやみ
なんとか開催されて、
みんなびしょびしょになりながら
花火を見上げる結果となりました。
中止よりはよかったけど、
和やかな花火観覧とは程遠くw

今年こそは気持ちよく見たいものです。



大横川親水公園の観覧ポイント

隅田川花火大会が近づくと
必ず観覧場所の穴場としてあげられるのが
大横川親水公園です。



錦糸町駅から西に移動した地点を基準に
南北に連なる親水公園。
北の端はスカイツリーのふもと。

←(北)スカイツリー側  錦糸町側(南)→
私にとっては子どもと遊ぶ庭のような公園ですが、
初めて来られる方にとっては、
どこで花火を見るの?
と迷われる方も多くいます。

なので、どこでどの方角に見ると
花火が見られるのか
写真で解説しておこうと思います。


大横河親水公園の観覧のポイント


まず、隅田川花火大会は打ち上げ場所が二つありますが
大前提として大横河親水公園からは
第一会場しか見えません。

それでも、地元でない人がのんびりと
シートを広げて観覧できるので
たくさんの人に人気スポットとなっています。


観覧のポイントは3つ。

1:どの場所で見られるのか。

2:どの方角に上がるのか。

3:いつ場所を取ればよいのか。

です。

大横河親水公園で観覧するとしたら
2か所です。

◆業平橋の芝生付近
場所取りが激しく、穴場とはいっても
昼には取れる場所がなくなります。

◆パレットプラザゾーン(錦糸町 北斎通り)
比較的ギリギリまで空いています。
しかし、花火自体、公園の木々に遮られ
全体が綺麗には見られません。




花火の見える方角(業平橋付近 芝生広場)

芝生広場で花火を観覧するには
いくつかのルールがあるので、
注意をしてください。

観覧エリアは
下の地図のだいたいオレンジの丸辺りになります。

赤い四角のエリアは場所をとっても
シートを撤去される可能性のあるエリアです。

芝生広場の南側には釣り堀がありますが、
その横の通路にも昨年は場所取りがされていました。

この通路には木々が植えられており
角度を考えないと場所をとっても
見られない場所になってしまいます。

また、最大の問題は本来場所取り禁止!!!
のようなのです。

当日は警備員さんなども回ります。
2016年はシートをはがされる方がいました。
2017年は雨だったからなのか、
シートの撤去を検討している警備の方がいましたが
結局撤去されませんでした。

当日場所取りに敗れた方は検討する
くらいの優先順位にしておきましょう。



そして本題の方角ですが、




広場から北北東方面に花火は上がります!
写真で見ると


こんな感じで四方に
マンションが立ち並んでいるのですが・・・




だいたい黄色の丸印、もしくはもう少し上のほうに
花火はあがります。

業平橋スカイツリー側から見ると


こんな景色になっています!!




場所取りできる場所は?

①芝生広場

ただいま芝生養成中!
ここが花火を見るのにメインどころ。


②公園入口&通路

これから紹介する場所は穴場ですが、
先ほどから伝えている通り、
撤去される可能性のある場所です。

地元の方も場所を取っておられるので、
勇気を出して聞いてみると良いでしょう。


スカイツリー側の業平橋から大横川公園への入口は
ちょっとしたスペースになっています。

例年場所取りも激しくなく、
穴場と言える場所かもしれません。


原則通路を開けなければならないので、
真ん中の芝生はOKだと思われます。

昨年は大雨の後だったため、
通路に大勢の人が立って見たため、
後方の人は座って見られませんでした。


公園につながる通路も原則ダメみたいですが、
昨年は半分程度通路を開けて
シートを広げて観覧されていました。



絶対に花火を見られない場所!!

ちなみに、ちょっとした角度の違いで、
花火が全く見られない場所があります。

やっかいなのが、そこに芝生があり、
ちょうどよいスペースなので
例年、若い方たちが勢いよく
場所取りをしますが、
地元の方に見られないことを教わり
困惑する姿が見られます。

それがここ。


ここも芝生養成中です。
が、橋が邪魔でまったく花火は見られません。



花火は横からも下からも見られません。

公園の図で行くと、水色の四角の部分です。



ちなみに、同じ理由でこのスペース↓もダメ!!





場所取りの時間は?

年々、この場所での観覧者が増えています。
テレビの影響がすごくあるような気がします。

正直、隅田川の花火大会は
路地に入ると見える場所はたくさんあります。

皆さん、道端に椅子を出して
バーベキューしながら
花火を観覧みたいな感じ。

でも、地元以外の人はなかなか大変。
そんな中での、大横川親水公園は
貴重なスペースなのかもしれませんね。


ということで、少し前であれば
午後に来ても、場所の取れる余地はあったのですが

今年は午前中、
しかも午前10時までには場所取りを済ませましょう。

ちなみに、場所取り後は、
近くのスカイツリーを楽しんでも良いと思います。
激混みですがww

わが家は、場所を取ったら一度帰り、
買い出しをして、少し早めに現地に行き、
近くにある大きなローラー滑り台と
じゃぶじゃぶ池、アスレチックで
時間をつぶしています。

おトイレも、




左の赤い屋根と右のコンクリートの建物2か所あり、
じっくり待つにはもってこいの場所です。

今年は天気に恵まれるか!
いつもハラハラしますが、

楽しい夏の思い出をみんなで増やしましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿