2018年1月13日土曜日

【注文住宅】カーテンなどの下地は遠慮なくすべてに入れよう【地元の工務店の利点】

 にほんブログ村 住まいブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
見ればわかる!安いやつや~ん!!

↑この言葉、わが家で去年、結構流行ったかも(笑)


さて、以前、カーテンは大切だよって記事を書きました。

【注文住宅の失敗】カーテンを節約してはいけない【樹脂サッシ】


それじゃと、実際にカーテン業者に見積もりかけると


Σ( ̄ロ ̄lll)ナンテコッタイ

結構な金額がかかるんです。

んじゃ、つけなきゃいいじゃんってなると
この前の記事みたいに痛いことになるので

わが家はカーテンをニトリで揃えました。
しかもレールは一番グレードの低いもの。

カーテン自体も量販品で
大変お安いものになっております。

これには賛否両論あると思います。

●せっかく注文住宅にしたんだから、
 もう少し質の高いカーテンにしたら とか
●レールは安いと壊れちゃうんじゃない?
 もう少ししっかりしたのにできないの?? とか

でも、私たちが自分たちでカーテンを
買ってくることに決めたのには訳があります。

下地はカーテンでも手すりでも遠慮なくつけること♪

1つがこれです。


そう、カーテンレール取付用の下地です。
窓という窓にはすべて下地を入れました。

とりあえず、建築会社さんには
「下地はどうしましょう?」
と聞かれましたが、同時に
「大した作業とコストじゃないので
入れられるとこは入れときましょう!」
とアドバイスいただき、
遠慮なく
「窓とその他壁に取り付けるものがありそうなところ」
に下地を入れておきました。

具体的にはカーテンレール、手すり、カレンダーや衣紋かけ、棚の設置場所(倒れるのを防止する金具を打つ為)など。

下地を入れておけば
仮にカーテンレールがダメになっても
何回か付けなおすことができます。
そういった意味では、
かかるコスト以上に大切な部分であると思います。

さらにカーテンレールは建設会社さんに
つけていただきました。

内装が終わった段階で
買ったカーテンを各窓の前に置いておきました。
それを建設会社さんが空いた時間につけてくださいました。

わが家は、地元の建設会社さんに頼んでいます。
自転車で10分の場所にあるため、
困ったらすぐに相談できます。

そういった地元の会社という利点も考え、
建設をお願いしたのですが
こういった細々したことも
頼めると欲をかき、
カーテン業者さんとはさよならしました。

さて、もうすぐ入居して2年になります。
カーテンは子どもたちに汚されたりもしてます。
見ればわかる、やっすいやつですが、
順調に役割を果たしてくれています。

もしこの記事をご覧の方で
現雑建築中、もしくは建築予定の方

下地はどこに入れますか

と、もし聞かれたら
壁面の飾りなども含め
迷わず躊躇なくすべてに入れてもらいましょうね。 


ブログサークルというサイトの
住まいブログサークル

【マイホームについてとことん語ろう♪】

の管理人になりました。
今よりも多くの方に記事を読んでもらいたい方、
住まいについて語り合いたい方、
もしよろしければ、サークルにご参加ください。
お待ちしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿