2018年1月1日月曜日

【ユニットバス】難易度MAXの掃除箇所発見 LIXIL「アライズ」だからモデルチェンジしたのか!【大掃除】

 にほんブログ村 住まいブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
新年あけましておめでとうございます♪

今年もよろしくお願いします。

2017年7月に始めた本ブログ。
順調に年を越せたのも、読んでくださる皆様のお陰です。
本当に感謝の言葉しかありません。

何か劇的な変化で恩は返せませんが、
少しずつ役に立つ記事を2018年も続けてまいります。



書いたはいいけど、
だいぶ2017年のメニューが残っちゃっているので
それを消化します。

ということで、新年早々2017年に戻りますね(笑)

ユニットバスの大掃除にラスボス出現♪

前回の記事

【ユニットバス】1年でこんなに汚れる LIXIL「アライズ」のエプロンカバー【大掃除】 

にて、無事大掃除の大物、ユニットバスを片付けたと思った我が家。

それは、実に甘かった。

昨年は新築に浮かれ気が付かなかった個所を発見。

ここです、ここ♪


カウンター

いや、気分的にもカウンターパンチをもらいましたが…

まさか!?外せないカウンター、中は空洞、カビだらけ!

まぁ、取り付けた方がいるので外せないわけはないのですが
旧アライズの説明書に載ってない。
噂によると業者向け説明書にあるとかなんとか・・・

って、気楽に掃除できないやん。

てなわけで本当に困ったわけです。

点検口と称して、左側は開けられますがわずかな隙間。



これは、説明書にはバスタブのエプロンカバーを開けるため
必要だから開けただけ。

カウンターをぱかっと開けられないのです。


んで、気になったのが1年8ヶ月放置されたカウンターの中の状況。
エプロンカバーですらあの状態。


怖いもの見たさで、点検口からパチリ!



!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

いやぁ~、ふぎゃ=====、サイテー!!!!!!!!!

汚くて久々に鳥肌立ちました。


開かないカウンター清掃の救世主「クイックルワイパー」

困りました。
困りました。

なんでかというと、細長いのに
入口狭くて長いもの差し込めないから清掃できないんです。

んで、夫さんが思いついたのが

「クイックルワイパー」



これの先端にカビキラーをシュッシュ!として

L字に差込み、先端が入ったらまっすぐ伸ばす。


するとこんなに伸びて、


奥の奥まで掃除ができるんです。

ただ、ゴシゴシできないから
信じるのは、クイックルワイパーの繊細さと
カビキラーの強力パワー♪

祈るように、数分待ちました!!

結果です♪

じゃーん♪


クイックルワイパーの優しさで
ほぼすべての汚れを取り切ることができました。

ということは逆に言えば、
すべての汚れは「カビ」

怖いなー

でも、本当に今回は夫さんの好プレーで
本当にきれいに掃除できました。

換気扇カバーも

これが



こんなに



( ´艸`)嬉しいです。


ちなみに、今回のカウンター
2017年モデルでは取り外し可能なモデルになっています。

新しく設置される方は余計な心配せず
こちらでぜひご確認を
LIXIL HP アライズ 商品紹介

現在設置しちゃっている方は、
年に一回くらいわが家と一緒に頑張りましょうね。
ではでは~




0 件のコメント:

コメントを投稿