2018年11月25日日曜日

【注文住宅の照明プラン】収納前にダウンライトは必須【涼温な家】

にほんブログ村 住まいブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
【Ctrl】を押しながらクリックしていただけると簡単です
玄関と廊下は意外と奥が深い!

たかが玄関&廊下。
されど玄関&廊下。

今までも、いろいろと気が付くことの多かった家の箇所です。
【設計】玄関を広く感じさせる方法【注文住宅】
【涼温な家にぴったり】わが家の玄関収納&下駄箱 web公開中♪【内覧会】 
【注文住宅】やっちゃった!玄関施工の失敗例 Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン【建てる前に読んでほしい!】 
今回も、住んでいて気が付いたことがあったので
皆様にご紹介しておこうと思います。

小さな収納ほど手元の照明が重要だったりする。
わが家は玄関からリビングに向けて廊下が通っています。
その廊下には照明として
ダウンライトが一つ設置されています。

もちろん、玄関には玄関の照明があります。

そしてトイレ前にも照明があります。
そして、今回気が付いたのは
この↓↓廊下の照明の数と位置です。

実は廊下には、こんな縦長の収納があります。
完全なる隙間収納ですが
意外と便利で、裁縫道具や工具、
園芸、金魚用品などが入っています。
また、上段はほとんど取り出さないので、
普段は使わない保証書関係の書類が入っていたりします。

そして、私が気が付いたのは、
この収納を使っていると

手元が暗いのです。
(雰囲気の伝わる写真が取れなかったので上の写真はモノクロです。)
その原因はハッキリしています。

この収納の真上に照明がないのです。

これと似た状況で対応をとったわが家の箇所があります。
の記事にある後半部分。
クローゼット専用のライトもあったほうがいい
で書いた手元のダウンライトの設置です。

正直言うと、この玄関収納はそれほど重要性がない
と勝手に判断していました。

だから、最低限の廊下の照明で
済ませてしまったのです。

しかし、いざ住んでみると
細々したものをしまえる貴重な収納でした。
しかも、様々なものを適当にwしまうため、
物を探すこともチラホラ。
そんな時に、手元が暗いとイライラすることがあります。

なので、私としては
収納の前には照明をつけることをケチらない。

この大原則は崩さないで家づくりをされたほうがいいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿