2018年11月22日木曜日

【ひふみ年金】iDeCoの損失が節税効果を飲み込む日【節税】【住宅ローン減税併用中】

にほんブログ村 住まいブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
【Ctrl】を押しながらクリックしていただけると簡単です
ピンチ!iDeCo(確定拠出年金)が大失速!!

ピンチです Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

書きたいことが多くて後回しになっていましたが、
わが家の税金対策2枚看板
住宅ローン減税&iDeCo(確定拠出年金)!!

そのiDeCoさんがまさかの大失速。。。

このままいくと、
当初の目論見である節税効果を越えて
損失が出そうな勢いです。

新聞には消費税率10%引き上げの対策として
住宅ローン減税の延長を考えているとか。

3千万円のお家を買うと
消費税8%と10%では60万円違うので
5年延長したら1年12万円減税できたら儲けなわけね。
ふむふむ。。。

勝算ある延長ですなw

とか言ってる場合ではなく、

わが家のピンチを
みなさんにも一度ご覧いただきたいと思います。

節税効果1万5千円に対し、投資の結果が-1万円に迫ってきた。このままでは、節税効果が消し飛ぶかも・・・

2018年11月22日(木)に開いたiDeCoのサイトです。

わが家は月額6,000円の拠出をし
全額をアクティブファンドである
レオスキャピタルのひふみ年金に投資しております。

様々なサイトでiDeCoについては解説されているので触れませんが、
わが家は年間で20,000円程度の節税を見込んでいます。



そして今月はiDeCoを始めて9か月目。
拠出額は合計で54,000円となりました。

それでは、現状をご一緒に・・・
【2018年11月21日現在】
まさかの損益10,000円目前!!
このうち、口座開設時の手数料が4,000円ほど。
しかし、ひふみ年金単独で5,770円も損失を出しています。

確かに、巷の噂ではひふみ年金は外国株にシフトしたとか
いや国内株に回帰しているとか
真偽不明なうわさが飛び交っています。
また、レオスキャピタルの商品を解約している人が増えたなど
ネガティブな情報も多く飛び交っており、
米中の対立や日本企業の不祥事などで揺れる株に
わが家も大きく振り回されそうな予感です。。


こうやって、比較されちゃうと悲しくなりますね。
単純損益率-18.5%。

正直言って、こんなに株というのは
上がったり下がったりするのだと初めて知りました。

iDeCoを始めて1年経つまであと3回の拠出。
つまり逆を言えば、すでに1年の4分の3は積み立てたわけです。

節税効果を4分の3すると1万5,000円。
現在、マイナス約10,000円。
差額5,000円。

結局、現在はプラスなんですけど、
この先どうなるのでしょうか。

だいぶ不安になる今月の報告となりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿