2017年7月14日金曜日

信用情報開示請求を直接しに行った!in 新宿 CIC



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ローン審査に通らない?!


いよいよ家を建てることが現実になってきたら、段々とお金のことを意識するようになりました。

前にもお伝えしましたが、本来なら建築会社訪問前に資金計画はある程度固めておきたいところ。

なのに我が家建設は突然降って沸いた話だったので、資金計画も中途半端。

ただし、間違いないのは、キャッシュで家は買えないということ(笑)


どこかで、お金を借りないといけない。
いわゆるローンのことを調べ始めました。


そんな時、ネットでこんな記事を発見。
「ローン審査が通らないときは一度信用情報を確認しておこう!」

ん?!ローンが通らない??
恥ずかしながら、私は借り過ぎでローンが通らないことはあっても、それ以外のことで審査が通らないとは知りませんでした。

ローン審査には今までのローン返済状況やクレジットカード決算状況も影響するというのです。(噂レベルですが・・・)

夫が単独でローンを借りる予定ですが、その夫は頻繁にカードで買い物をしたり、支払いをしたりしています。

特に、マルイのカードは支払いを口座引き落としなどにしていないため、自分で窓口かATMに行って支払いをしていました。そのため、時々、忘れてしまい、督促の電話がかかってきていたこともありました。
だから今回、ローン審査に影響することを知った時に、無性に不安になってしまいました。

家の建築に向けて動き始めているのに、資金が用意できないなんて、恐ろしすぎる。

さらにその記事には、そんな私の不安を見透かすように、不安解消の方法も載っていました。


クレジットカードの信用情報は確認することができる



クレジットカード会社は加盟組織があり、それを「個人信用情報機関」と呼びます。

ここは、消費者のクレジットおよび消費者ローンに関する信用情報(個人の属性・契約内容・支払状況・残債額など)を加盟会員であるクレジットカード会社などから収集し、それらクレジット会社からの照会に応じて情報を提供しています。

つまり、それぞれが単独のクレジットカード会社でありながら、同じ機関に加盟している会社は情報を共有していることになります。


その組織は現在大きく分けて3つります。
◇CIC(株式会社シー・アイ・シー) クレジットカード会社、信販
◇JICC(日本信用情報機構) 消費者金融 信販
◇全国銀行個人信用情報センター(全銀協) 銀行
   

そして、ローンの審査も上記3つの機関のどれかを参考に行われているのではといわれています。ただし、ローン審査基準は金融機関でもトップシークレットで今回の件もあくまでもそう言われているくらいにとらえておきましょう。


信用情報を実際に確認しに行く



そこで私たちは夫にどのような履歴が残っているかCIC(シー・アイ・シー)で確認してきました。

場所は新宿のビル(新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト15階)で手続きを行いました。

扱うのは個人情報なので、物々しい雰囲気なのかと思いきやそれほどでもなく、事務的に処理が進みます。

ちなみに、私たちは近かったので直接窓口に行きましたが、インターネットや郵送での情報開示請求もできます。手数料も500円か1000円とそれほど負担になるものではありません。

身分証明のできるもの、それにカード会社に知らせている電話番号などが必要になります。

数十分で10数枚の紙の束をいただきました。
その場で、用紙の読み方はレクチャーされず、その代わり、用紙の読み方が分かる冊子を渡されました。


☝問題のあったクレジットカードの情報 【延滞】を示すマークが

始めは細かな文字に要領を得ませんでした。しかし少し経つと読み込むのにも慣れ、同時に夫は違和感も感じていました。何だこれって、ひたすら言うのです。

何をかというと、情報の中には、すでに使わないカードも履歴として残っているので、正直忘れていたクレジットカードもあったようです。

契約やショッピング利用後、5年間はクレジットカードの情報が残っています。

ただ、支払い状況はどれもよく、特に問題のある履歴は見当たりません。

あー、よかった!!



スマホの分割払いも履歴対象!!



と、思ったその時、最後のページに思いもかけない履歴が!!!!!!

え?!

なんで?!

記憶ないよ!

俺もない・・・

夫が言葉を詰まらせるのもありません。

使ったことのないカード情報が、延滞したとして履歴に残っているのです。



なんでこんなことが起こるのでしょうか?!

実は、夫はこの数年前にスマートフォンを月々の分割払いにしていました。
その時にその支払いをポイントがお得になるということで携帯会社の勧めるクレジットカードをつくり、分割払いをカードを通して行っていました。しかし、どのような経緯か詳しくは分かりませんが、カードが送られてきたのに、忙しくて家にいられず、書留のため本人確認して受け取る機会を失い、カードはカード会社に戻ってしまいました。
手元にカードはないのに分割払いはあるため、行き違い状態になり、支払いが遅れました。

そして、督促の連絡が来て、初めて互いにカードが届いていないことを確認し、すぐに支払いをし、同時にカードを改めて送ってもらい、最後まで支払うことができました。
が、結局、履歴としてはれっきとした


「延滞!!」



そこに、詳しい経緯は書かれないため、見る側によっていくらでも違った読み方ができる状況です。

夫の単なる不注意とはいえ、まったく意図しない形で履歴が残るのは怖いなと思いました。

最終的にローン審査は無事通過しましたが、もし今までに不安のある方は、一度情報開示請求をされ、すっきりされることをお勧めします。また、スマホの分割払いもよく考えて行いましょう。このように、その後の軽率な行動を戒めることにもなりますので。

0 件のコメント:

コメントを投稿