2018年2月10日土曜日

【全館空調】涼温な家ではエアコン清掃がいらない理由。【注文住宅】

 にほんブログ村 住まいブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
【Ctrl】を押しながらクリックしていただけると簡単です
湧き出た疑問!そういや、エアコンのフィルター清掃してないよ。大丈夫かな?!

今月も涼温換気のフィルター交換をしました。
フィルター交換って何?!という方は
ぜひ次の記事をご覧ください。
10分もかからずできる、簡単な作業です。

涼温な家のフィルター交換(月1)は簡単なのか?!詳細写真で検証!!


このフィルター清掃を行いながら
素朴な疑問が出てきました。

「そういや、この家に来て、涼温換気と併設されている
 ダイキンさんのエアコンの清掃をしていないなー」と。

普通のお宅なら、毎年エアコンフィルターを念入りに掃除したりしますよね。



 さて、さてわが家『涼温な家』ではどうなるのか。


涼温な家ではエアコン清掃がいらない理由。


結論からいうと、

涼温な家のエアコンは、
室内機に関してはほとんど掃除がいらないとのこと。

Σ(・□・;)
って思われる方が多いと思います。
 
なぜか?

実は毎月行っている、涼温換気のフィルター交換が
エアコンフィルターの清掃も兼ねているからです。

①外気はダクトによって室内に引き込まれます。


②2種類のフィルターによって、虫やホコリなどの大きなゴミ、ウイルスやPM2.5のような小さな物質も取り除きます。


③その空気が熱交換換気の機械に運ばれます。
④そして、その空気が抵抗の少ないストレートなダクトによって、各階に運ばれます。

さて、エアコンはというと、
涼温換気の機械室に併設されているため、

黄色:パナソニック製 熱交換換気システム 青色:ダイキン エアコン

その機械室の空気を給気します。



そして、エアコンのフィルターを通り
冷媒によって空気を冷やしたり、暖めたりしながら、
涼温換気のダクトへと送り込み
新鮮な空気とともに調温された空気を各部屋へ届けます。

黒:汚れた外気 青:フィルターを通った空気 黄:エアコンで調温された空気

さて、お気づきになったでしょうか?
そうなんです。
結局、どの家庭とも同じように
室内の空気をエアコンの室内機に送り込んでいます。

でも、エアコンのフィルターにゴミがたまらないのはなぜでしょうか? 
 

それは、この涼温な家の空気が綺麗だからです。
以前、このような記事を書きました。

【検証】涼温な家の室内は本当にきれいな空気なのか【機械換気】【注文住宅】


実は、綺麗な空気と書きながら、
涼温な家でもホコリは出ると書きました。

それは、特に生活空間に顕著に表れます。
衣服がこすれ、絨毯の毛が舞い、布団の綿が飛び散ります。
こればかりは、清掃をするしかありません。

しかし、機械室は小屋裏です。
生活空間とはやや別空間にあります。
その為、大きく空気の質が変わることがありません。

このようなことから、
わが家の1台しかないエアコンは、
家の建設から2年を迎えても
フィルターが大きく汚れることもなく
元気に稼働を続けています。


以前の賃貸住宅では、リビングという生活空間に
エアコンを置いていたので、すぐに真っ黒。

小屋裏に置くということ、
機械室として別室を作るということは、
エアコンを長持ちさせるという意味でも
良い効果があるのだなと理解することができました。

ちなみに、室外機は清掃が必要です。


特に室外機に空気を送る、
裏側(黄色の部分)のホコリやごみは定期的に
しっかりとってあげてくださいね。

0 件のコメント:

コメントを投稿