2018年9月22日土曜日

【全館空調】エアコンの故障原因はガス漏れ!しかし、漏れている場所が・・・【涼温な家】

にほんブログ村 住まいブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
【Ctrl】を押しながらクリックしていただけると簡単です
エアコンが壊れた原因はどこだ!
前回お伝えした通り

【涼温な家】わが家唯一の全館空調エアコンが壊れた模様【緊急事態】

わが家、涼温な家のダイキンエアコンが
壊れてしまいました。

壊れたその日に建設会社さんに連絡をし
本日、エアコンの設置業者さんと
わが家の建設担当者さんが
揃って原因究明にあたってくれました。
下がダイキンエアコン。素人的にはこの配置はメンテナンスがやりにくそう。
というか本体の部品交換とかどうするのだろう・・・

雨の中、室内機、室外機を行ったりきたり。

電源を入れたり止めたり。
懸命に作業をしていただきました。

ダイキン製エアコンのコントローラーには
「異常コード U0-04」の文字が
表示されていることから
冷媒ガスの不足、漏れか
センサーの異常を疑いました。

まずは機器類の検査ですが、問題なし。
次に入念にガスの圧力を調べると、
冷媒ガスが減少していることが発覚。

ガス漏れ確定です!!

ただし・・・ どこから漏れているか分からない。

室外機、配管、設置の時に行った溶接部分。
すべてを入念に調べてもガスは検知されません。



上記のような検知器にて
ガスが漏れている個所を探します。

すると、なんと室内機の設置してある
機械室の室内でガスを検知。

これは室内機と配管をつなぐ溶接か?
と懸命に調べてくれますが
ガス漏れ箇所の発見には至りません。

すると残るはあそこしかありません。
そう、室内機本体。。。

ただ、メーカーさんだって製品の欠陥は
そうそう認めてくれるわけないので
とりあえず、疑いではなく、
だれが見てもここがガス漏れ箇所だよね
と分かるよう後日改めて調査してくれることになりました。


3年間コツコツ漏れ続けて、機能不全に陥ったエアコン

わが家の場合、
ガス漏れは本当にごくごく微量で
3年かけて少しづつ漏れ続け
とうとうエアコンの機能不全に陥ったようです。

まだ、エアコンの修理には時間がかかるため
応急処置として冷媒ガスを補充し
エアコンの機能を回復させてくれました。

ということで、

原因・・・ガス漏れ
個所・・・不明
現状・・・復活
調査・・・継続
修理・・・そこまでたどり着かず

と、なんともむず痒い状態に陥ってしまいました。

気温は落ち着いてきた時期ではありますが、
やはりお家に壊れた個所があるのは
何とも言えない不安があるので
早く直ればいいなと思います♪

関わってくださる皆様
どうぞよろしくお願いいたします。


アフターフォローは地元の建設会社が最強説!!

さて、そんな作業中、
地元の建築会社でよかった
と思う場面がありました。

というのも今回調査に来てくれたのは

わが家を建ててくれた張本人
大工であり、業者の調整をする建設会社に勤める担当さん



わが家を建設する際に
エアコンを設置し、
配管の溶接や調整を
実際に行ってくれたエアコン設置業者さん

です。

二人は狭い涼温換気の機械室で


エアコンの下に潜り込んで二人で点検!
夫さんは閉所恐怖症だから無理と言ってましたが、
圧迫感のある狭さ!

狭い隙間に潜り込みながら
あーだ、こーだと議論されていました。

そんな中
「そういえば、建設中こんな体勢でボルトを締めましたね」
とか
「あの溶接は〇月に〇〇の作業前に行ったんですよ」
「そうだそうだ!」
みたいな、
周りで聞いていると、
わが家を作るのに力を尽くしてくれて
尚且つ、いまだにそのことを覚えていてくれる二人が
点検をしてくれているのだと思うと
依頼主としてはとてもうれしく思いました。

勝手な想像ですが、
メーカーさんに直接頼むと、
あったことのない方がやってきて、
設置の経緯とか様子を分からないまま
ドンドン結論を出されていってしまわないか
不安になります。

そういう意味でも、地元の建設会社に頼むことで
本当の家の担当者さんが責任をもって
アフターケアにあたってもらえる
そんな安心感を今は感じています。

今後、どうなるかはまだまだ分かりませんが、
担当者さんを信じて
エアコンの完全復活を見守っていこうと思います。

2 件のコメント:

  1. 続編 楽しみに待っています。涼温の家に興味があり、いろいろ調べ始めています。他の記事も、とても参考になります^_^

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます♪
      そう言っていただけると嬉しいです。
      私が涼温な家に興味をもったとき苦労したのを思い出しますw

      技量がなくて、記事が散らばっていますが、わずかでも有益な情報になれればありがたいです。
      今後もよろしくお願いいたします。

      削除